Slide 1
京都で不動産を活用するなら

有限会社ワンダーランドは京都の地で長く不動産事業を展開しております。売買、賃貸だけではなく最大の価値を創造いたします。

Slide 2
空室問題に効果的に対処

空室はいつの時代も頭が痛い問題。弊社へご相談いただきレンタルサロンへと形態を変更。サロン集客含めて運営を行なっております。
また、マンスリー運営も行なっております。場所や、お部屋の強みを最大限に生かします。

Slide 3
遊休資産を価値ある資産へ

もともとはオーナーを悩ませる遊休資産。弊社にご相談いただいたことにより、すぐに借りてが見つかる物件にかわりました。
その他では物件をゲストハウスとして運営し収益化・テナントビルへの変更等価値ある資産を提供しております。

Slide 4
ニーズに応える

京都駅周辺は慢性的なコインパーキング不足。だからこそ弊社ではパーキングを運営中。ニーズを逃さない運営を行います。コインランドリー運営も同様に行なっております。

京都の不動産会社 有限会社ワンダーランド マンスリー事業

【不動産のチカラ】マンスリー・住宅宿泊事業編

京都駅すぐのマンスリーマンション
京都駅すぐのマンスリーマンション

地域のニーズを捉えたマンスリー・ウィークリーマンション運営

京都では空前の観光ラッシュによりホテル稼働率が上昇したことでマンスリー、ウィークリー等の短〜長期の宿泊施設の予約は取りにくい状況が続いています。

そこで安価で自宅のように寛げるマンスリーマンションの必要性を感じ本事業を2017年から開始しました。

当社のマンスリーマンションは、お客様が京都の拠点として安心してお住まい頂けるように設備や備品を充実させております。

空室の多いマンションに住宅宿泊事業法を利用しホテル&マンスリーマンションの併用型に

住宅宿泊事業+マンスリー運営物件

掲載物件は2018年より「住宅宿泊事業法」の許可を取得しました。

年間最大180日間については宿泊事業を行い残りの180日間はマンスリーマンション事業を行っています。

京都駅中央口から徒歩6分の立地ですので挑戦致しました。

設備費用や内装に多くの費用は掛かりましたが、空室が目立っていたマンションに対する新しいアプローチ方法です。

物件のチカラを最大に引き出すことは【不動産のチカラ】です


留学生をターゲットに新たなマンスリーマンションへの挑戦 

老朽マンションと地域特性からのマンスリー事業

留学生の多いエリアでのマンスリー事業

こちらは、左京区にある築40年のマンションです。

マンションは築年数と共に賃料が下落する傾向があります。

以前は学生さんが入居主体でしたが、だんだん高齢者の方が多くなりました。

また古いマンションですので、4階建ですが階段しかありません。

そこで、最寄りの大学の学生比率を確認するとかなりの留学生の方が在校されていたので、入学時に「家具・家電」を購入せずに(余分な費用を発生させない)お住まい頂けるマンションを運営することを考えました。

このように一つの考えからマンションは生まれ変わり、育てる人により変化していきます。

エリアの特性を把握し、建物を最大限評価する手法も【不動産のチカラ】です

空室に悩まれているオーナー様はご連絡ください。

弊社では自社で多種多様なアプローチを実際に行い、運営を行なっております。

お持ちの物件の良さを最大限に生かした収益構造を共に考えて参りましょう。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号
    任意お問い合わせ物件住所
    必須お問い合わせ内容

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。