京都で不動産を活用するなら

有限会社ワンダーランドは京都の地で長く不動産事業を展開しております。売買、賃貸だけではなく最大の価値を創造いたします。

空室問題に効果的に対処

空室はいつの時代も頭が痛い問題。弊社へご相談いただきレンタルサロンへと形態を変更。サロン集客含めて運営を行なっております。
また、マンスリー運営も行なっております。場所や、お部屋の強みを最大限に生かします。

遊休資産を価値ある資産へ

もともとはオーナーを悩ませる遊休資産。弊社にご相談いただいたことにより、現在は地域で輝くテナントビルへと変わりました。
その他では物件をゲストハウスとして運営し収益化しております。

ニーズに応える

京都駅周辺は慢性的なコインパーキング不足。だからこそ弊社ではパーキングを運営中。ニーズを逃さない運営を行います。コインランドリー運営も同様に行なっております。

Slider

上半期終了・下半期に

今年も7月を迎え下半期に突入です。
ウイルスによる未曾有の被害は先が見えずです。

上半期を振り返ると初めて経験した緊急事態措置。
人のいない街。人生での忘れがたき思い出になります。
正直,比較されるリーマンショック時は影響が無かったので今回が初めて苦境だな。と思います。
普通の生活・今までの事業・このあたりの「普通・今まで」と言葉からある程度さよならをしないといけないな。と思います。
日々積み上げたものが瓦解するのは恐怖すら覚えますが,次の新しいことを積み上げないとなりません。
若い人は今,チャンスだと思います。
胡坐をかいてきた人は危機でしかないでしょう。
そして,次の何を?を早く気付いた人は前に走るでしょう。

「普通・今まで」なんて,もともとない言葉です。
大多数が言うこと或いは多くの人がやってきたことがこのワードなんでしょう。

今年は準備の時間。
準備とは様々ありますが,従来の見直し・自分の解体・新規のビジョン。
このあたりを念頭に戦います。

おわり。